キャッシングとカードローン 何が違う?

キャッシングとカードローンの違いを簡単に説明すると、返済方式の違いです。
キャッシングのイメージは、借りた金額を一括で返済する方式、カードローンのイメージは借りた金額を分割して返済する方式です。
あくまでもこれはイメージであって、最近ではキャッシングもカードローンもさほど違いはありません。
キャッシングもカードローンも、一括返済・分割返済が可能ですし、どちらもカードを使って現金をATMから引き出す形で借入れするのも同じです。
では、キャッシングとカードローン、どうして呼び名が違うのか?!
当サイトでは、キャッシングとカードローン、それぞれの特徴について詳しくご説明いたします。

 

昔は違いがあったが今はほぼ同じ

昔は、キャッシングとカードローンでは返済方式によって違いがありました。
キャッシングは小口のお金をカードで借りて翌月一括返済をする。
カードローンは大口の金額を借りて、毎月決まった金額を返済する。
それぞれの特徴はこのように大きく別れていました。

 

しかし、今はそれぞれの違いはほとんどと言っていいほどありません。
昔のイメージがある方は、キャッシングは少ない金額を借りるもの、カードローンは大きな金額を借りるもの、といったイメージがあると思いますが、今はキャッシングもカードローンも借りられる金額に違いはありません。

 

ここで、キャッシングとカードローンの大きな特徴をご紹介します。

カードを使ってATMから借りることができる

カードが発行され、そのカードを使っていつでも好きな時にATMから引き出すことが可能です。
返済は一括でも分割でも自分の好きな返済方式で返済が可能
ただし、毎月最低返済金額を決まっているので、分割で返済する際は毎月返済になります。

使用用途に決まりがない

住宅ローンや教育ローンとは違い、カードローンやキャッシングは使用用途は自由。
自分の好きなことに利用することができます。
限度額内であれば、返済すればその分また借入れすることができます。

限度額内であれば何度でも借りたり返したりできる

カードローンは借りた金額を全て返済しきらなくても、返済した分だけ借りることが可能です。
カードローンやキャッシングの最大の特徴でもありますが、逆になかなか完済できない原因でもあります。

 

このように、現在ではカードローンとキャッシングではできることも借りられる金額も違いはありません。
昔は大きな金額はカードローン、と考えている人も多かったですが、今はカードローンでもキャッシングでも、借入限度額を見て決めるのが一般的です。

カードローンとキャッシングの限度額

「カードローンの方が大口融資でキャッシングは小口の融資」
このイメージのある方は、キャッシングでは少額しか借りられないと思っている方が多いと思います。
昔はキャッシングは10万円程度の金額を借りるものでしたが、今ではカードローンもキャッシングも限度額に違いはありません
それぞれの会社の審査基準によって決められるため、キャッシングだから少額融資しかできない、なんてことはありません。

 

通常、キャッシングもカードローンも最初に契約する時は少ない金額からスタートします。
よほどのことがない限り、いきなり100万円以上を借りるのは難しいのではないかと思います。
クレジットカードでも、最初から限度額が100万円以上あったり、限度額が設定されていなかったりするカードってありますよね。
ブラックやプラチナと言われるカードは、それだけの信用があるため持てるカード。
キャッシングやカードローンも同様で、利用しながら信用情報を積み重ねていくことで限度額がアップされていきます。

 

最初は少ない金額からスタートして、返済していくと増枠のお知らせが電話などで届きます。
その時に、増枠を申し込めばアップすることができます。
この場合、収入証明が必要な場合がありますので、準備しておきましょう。

 

カードローンもキャッシングもほとんどがこの流れで限度額が多くなっていきます。
最初から大きい金額を借りるのはカードローンやキャッシングでは難しい場合が多いですね。

比較するのは返済方法ではなく金利

キャッシングとカードローンの返済方式が違った時は、借りたい金額や返済方式によってどちらにするか比較して選択していました。
しかし今ではどちらも条件は同じ。そうなると、比較するのは返済方式ではなく金利ですよね。
金利は、借りる金額が高いと安い金利が設定されます。
そのため、借りた当初に設定される金利は、そのキャッシングやカードローンの最高金利が設定されてしまいます。
金利を比較する時は、上限金利で比較しましょう。

キャッシングとカードローンの上手な使い方

キャッシングやカードローンは困った時に用途を決めずに好きなだけ借りたり返済したりすることができるので非常に便利です。
急な出費や月末のピンチなど、少しだけ足りないっていう時の最強の味方です。
しかしその一方で、多重債務などに陥って返済に苦しんでいる人もいます。
キャッシングやカードローンのシステムは、そのようなことに陥りやすいシステムでもあるんです。

 

カードローンやキャッシングを上手に使うコツは、常に返済金額に対してどの程度の利息が発生しているか把握しておくこと。
そして、余裕がある時には少しでも多めに返済する「繰り上げ返済」を癖付けることです。
また、毎月の返済額が多くなってきたなと感じたら、一度借りるのをストップして完済してしまうまでは利用しないなど、借入額が多くなりすぎる前に確認しておくようにしましょう。